転職の手順を考えよう!失敗しない手続きの順番とは?

求人探しを最優先するのが基本

転職をするときにはまず求人を探して望む仕事内容と待遇のものを見つけ出すことが重要になります。その上で求人に応募して採用してもらうという流れで進めていくのが医師の場合には基本と考えましょう。一般的には求人に応募する前に退職手続きを始めるという場合もあります。退縮していない状況では採用されにくい傾向があるからです。いつから働けるのかが判然としない人よりは退職していてすぐに働ける人を採用したいということが多いからですが、医師の場合にはそれを気にする必要があまりありません。人材が足りなくて苦労しているからこそ求人を行っているのは確かではあるものの、適任の医師が見つかるのであれば一ヶ月や二ヶ月は待ってもらうことができます。現場で必要な人材を獲得することの方が重要と考えている現場が多いことから在職中でもあまり問題にならないのです。

退職の手続きは早めに行う

在職中でも良いからといって退職手続きをあまり先延ばししてしまうと大変なことになりかねません。内定通知を受けられたら速やかに退職手続きを始めることが肝心です。可能であればほぼ内定が取れたという辺りで上司にはもう退職することを相談しておく方が良いでしょう。大抵の医療現場では引き継ぎに時間がかかりがちであり、短くても一ヶ月はかかってしまいます。勤続年数が長くて重要な役割を果たしてきた医師の場合には書類整理にも時間がかかる傾向が合って二ヶ月近くかかることも少なくないので注意が必要です。

医師を非常勤として採用するメリットの一つとして人件費です。我が国では、常勤の医者は労働時間が長いので給料が高いです。