産業医になろう!常勤?それともスポット?

ニーズの高い産業医の求人

産業医は企業にとって欠かせない存在であり、企業規模が大きくなるほど多くの人数を必要とする傾向があります。主な仕事は従業員の健康診断の計画及び実施です。そして、その結果に基づいて従業員に適切な指導を行うことも産業医の役割となっています。ストレスチェックの必要性ができたことによってほとんどの企業では産業医が人材として必要になっているため、求人は着実に増えてきているのが現状です。企業規模が大きい場合には常勤で産業医を抱える傾向がありますが、中小規模の場合にはスポットでアルバイトや派遣を雇う傾向があります。必ずしも産業医は通年でいなければならないわけではないため、企業としてはコストを減らすためにスポットを活用しているのです。

スポットの方が求人は多い

必然的に産業医の求人はスポットの方が多い傾向があります。常勤で雇う必要がある企業の場合には既に必要な人数を抱えていることが多いため、新たに常勤で雇おうという方針が立たないからです。しかし、企業としての成長をする過程で常勤の産業医を抱えようとするケースや、定年で入れ替えをしようというケースはしばしばあるので常勤の募集も少数ではあれ常にいくつかは見られるようになっています。医師として臨床現場で働くよりも企業に勤めて健常な人たちのために働いていきたいというときにはどちらの働き方を選ぶことも可能です。スポットの場合には常勤との兼任もできる場合が多いので副収入を得る目的で働くこともできます。

産業医の募集では、勤務時間や休日が会社カレンダーに沿っているため、無理なく働ける点が魅力です。また、福利厚生が充実しており、好条件の求人が多いという魅力もあります。