歯科衛生士は不足しているの!?資格を取るために必要な事とは?

医療事務の資格だけでは医療行為は出来ません

歯医者さんで求人があったので応募した所、条件を良く読んでいなかったので不合格になってしまったなどの経験をした人もいるのではないでしょうか。歯医者さんの中での仕事は、治療を行うのは歯科医、レセプション業務や歯科医の助手を行うのが歯科助手、歯磨きの仕方についての指導や歯石除去を行ってくれる歯科衛生士の3つの役割を持つ人が働いています。この内、歯科医は医師免許、歯科衛生士は歯科衛生士国家資格が必要です。歯科助手やレセプション業務を行う人の場合は、医療事務の認定資格を持っていれば仕事を行う事は出来ますが、治療に関わる部分、すなわち医療行為は禁じられています。歯科衛生士として募集を行っている場合には資格が必要になる事を覚えておきましょう。

歯科衛生士は国家資格です

歯科衛生士の資格は国家資格ですが、国家試験を受験するためには、大学や短期大学、専門学校などの歯科衛生士養成機関で、歯科衛生士として求められる知識、技術を習得して卒業しなければなりません。国家試験の中には誰もが受験出来るものもありますが、歯科衛生士の場合は専門機関を卒業して初めて受験資格を得る事が出来るわけです。ちなみに、従来就業年度は2年制以上になっていましたが、平成22年4月1日までの中ですべての養成機関は3年制以上になりました。歯科助手などの募集はそれほど多くはないものの、歯科衛生士の数が不足しているなどの理由からも求人を出している歯医者さんが多くなっています。

歯科衛生士の求人で求められる人材は、歯科衛生士業務全般と、虫歯の予防措置、訪問歯科診療等が出来る人です。